スポンサーサイト

Posted by A.W. & AcNa on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぬわぁ

Posted by A.W. & AcNa on 04.2011 日記 1 comments 0 trackback
1ヶ月も更新してなかった。
久し振りに回線を復活させて更新なり。


ではでは近況を。
・STRIKERS1945全自機1周ALL達成。
・昨日まで塾の春期講習で日中暇無し
・アマガミ買いました←

意外と少ないなオイ。


アマガミ、アニメは見てないんだけども前から気になってたからね。
公式サイトで棚町薫を見て、ビビっときたから購入決定した。
で、発売日当日(予約していても直ぐに買いに行く)に手に入れてプレイ。
薫ルートをするはずだったのにいつのまにか森島先輩ルートに……
まぁかなり楽しめたのでよかったですがね!
膝裏にキスとかもうねうはぁぁぁぁ!
スキエピローグBESTとかぶわぁぁぁぁぁ!
森島先輩が意外と少女だったのが驚いた。
ギャップがいいのよね、これが。

みゃールートは主要6人をクリアしないと開放されないのね……
今は薫を攻略中だから、順次やっていくとするかな。


あ、名前はデフォルト名(橘 純一)から自分の名前にしてる。
感情移入MAXでやっております(^p^)



にほんブログ村 高校生日記ブログ 高専生へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

カクテイ

Posted by A.W. & AcNa on 05.2011 日記 0 comments 0 trackback
留年が確定したのは既知ですよね。
来年度は言わずもがな、頑張ろう。


3/7(月)9時から論理数学の再々試験があるので受けに行って来ますね。
受ける意味は皆無に近いけども、来年度も論理数学を受けるから問題に慣れておいて損は無い。
試験後はトレーニングルーム入り……と。

前にオーディオ専門店を訪れた際、真空管アンプについて話をしたら店長からトライオードって会社のカタログを頂いた。
何時になるかはわからないけども、次に買うアンプはTRK-3488っていう真空管アンプキットにするつもり。
キットならば自分で作る事が出来るぜ!
伊達に高専通ってないよ!

ベンチプレスの自己ベストが67.5kg、デッドリフトが80kgになった!
もうそろそろグラフ化するか……
ウェイトトレーニングは週3がベストな形。

コメント返しは続きでします。

にほんブログ村 高校生日記ブログ 高専生へ
にほんブログ村

やはりか

Posted by A.W. & AcNa on 26.2011 日記 1 comments 0 trackback
本日25日に先生から呼び出しにあっちゃった☆
まぁ留年確定してしまったので、それについてのお話なんですが……
もう一度3年生をやり直す旨を伝えました。
こっちで良かったよね。

残る課題は両親。
母親には伝えましたが父親はまだ。
母親は「大学受験失敗したと思ったらいいわ……」と言ってましたが、やはり申し訳ない。
色々とあるだろうけども頑張るよ、絶対。


久し振りにヤフオクでオーディオ関係見てきた。
何時見ても欲しくなるね~
ダイヤトーンとかで聴いてみたい衝動に駆られる。
しかし新たにスピーカーを追加するスペースと余裕は無い……!
何とか追加出来るのは、アンプぐらい。
でもアンプって、性能で考えると今の方がいいんだよね^^;
専門店の店長も「アンプとかCDプレイヤーは今の方が性能的には良い」仰ってたし。
昔の音を再現するのにはいいけども……
でも憧れるな、昔の高級機。

コメント返しは続きでします。

にほんブログ村 高校生日記ブログ 高専生へ
にほんブログ村

確執

Posted by A.W. & AcNa on 20.2011 日記 0 comments 0 trackback
ちょいとばかり真剣。



先日、ある件で問題を起こしました。
問題って言っても、個人間の事ですけどね。
自分の発言が相手の逆鱗に触れたらしい。
自分は毛頭そういうつもりは無かったのですが、相手にとってはそれが気に食わなかったと。

そういう事でその相手とは断絶状態となりました。
元々数回だけしか接点が無かったので苦悩する事ではないですが。

その件から想起したのは国語の文章読取記述問題。
「傍線部の文章を読み取り、発言者の人物像を書きなさい」的な。
大抵の問題には模範解答がありますよね、これも例外ではありません。
しかし、この問題を解く人間全てが一様に模範解答通り答えるはずがありません。
人によって感性が異なる故、その文章から読み取れる人物像も違ってきます。
1つの文章から幾通りの解釈が出来ます。
だが、模範解答通りに答えないと赤ピン付けられますね(別解として○をくれたりしますが)
人間というのは、答えを1つにしたがる。
自分の考えに最適化したがるのです。
今回の件はそれによって起こった問題だと自分は解釈してます。

よくある「価値観の相違」「思考のすれ違い」「固定観念の対立」。
これらが無くならない限り、個人間に止まらず世界規模で争いが無くなりません。

結局人間ってのは基本的に自分自身に適したモノしか受け入れないからね。
反発すると言う事はそれに自分が適していなかったという事。
「嫌う」と言う感情はそういう事だと思います。




上記の文章を読んでいて「若造が知った口を叩くな」「社会と学校を同一化するな」と思う方も少なからずいらっしゃると思います。
確かに齢20にも満たない若造です。
更に新聞もまともに読まない世間知らずです。
もう一つ言うと、勉強もせずに居た所為で同じ学年をもう一度やる事になりそうな落ちこぼれです。

ですが、そんな人間の意見を一笑に伏す権限があなた自身にあるのですか?
「自分の思想こそ絶対である」という確信がある方は、嘲笑しても構いません。


今回の件では潔く、自分に非があると認めます。
今回の記事が開き直りに見えるなら、それも仕方無いでしょう。
まぁ今一度見返してみると、開き直りの文章っぽいけども(ぇ






それに今回の相手、ちょっとばかり被害妄想入ってりゃせんか?
とも思ったり。



にほんブログ村 高校生日記ブログ 高専生へ
にほんブログ村

本音

Posted by A.W. & AcNa on 15.2011 日記 1 comments 0 trackback
某SNSの知り合いから言われた一言。
「逃げてるんじゃないか」
その言葉を見て、気付いた。
自分は“留年卒業”を否定し、“3年次修了”という形しか見ていない事に。



本音を言うと“高専を卒業”したい。
高専で身に付けた技術力を、自衛隊で活かして国防に役立てるんじゃなかったのか。
前にも「今の自分には自衛隊に入る資格はない」と言ったじゃないか。
中途半端なままで高専を3年次修了して、自衛隊に入ろうとしている今の自分が嫌になった。


前の記事みたいな計画を立てていて、なにやってんだ。

機械工学科の友人も、留年がほぼ確定しているが「もう一度3年生やる!」と言ってる。
「下の学年と一緒に学ぶんだぜ?」と訊くと「もうそれでいいかなwww」と答えた。
自分としては下の学年と一緒に学ぶのは嫌だ。
だが、そんな安っぽいプライドで人生を左右するのか。
それを考えていて「いっその事、かなぐり捨てるか」


という訳で、今回改め直す。
親呼び出しのn者面談の前日か前々日、親に頭を下げて頼むべき事。
「もう一度、3年生をやらせて下さい」

自衛隊に行かせて下さい、じゃない。
自分はもう一度3年生をやって、高専5年生まで行って卒業を目指す。

留年する事が親にとっても経済的にも精神的にも負担になる事は解っている。
だけど、それでも頭を下げて頼む。
「もう一度3年生をやらせて下さい」


それを断られた場合、自分はもう一つの道しか残されていない。
極力、その道を歩まない為にも親に頭を下げ続ける。
土下座してもいい、泣いてもいい。
申し訳無くて泣くのは、留年する事を許可して貰う事だったんだ。


勉強はしなければ、出来る物も出来はしない。
自分は勉強をするのが遅過ぎた。
失敗してから気付くとは、馬鹿だ。
ここで折れて、強くなるかは自分次第。
まだ、間に合うはず。


みんな、今まですまなかった。
自分勝手な事ばかり言っていて、周りを巻き込んでしまった。
そんな自分を赦してくれるとありがたい。


にほんブログ村 高校生日記ブログ 高専生へ
にほんブログ村
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。